東芝全録機 D-M430のB-CASカード故障

シェアする

2014年末に買った東芝全録レコーダー D-M430。妙なトラブルに見舞われたので記録しておきます。
そもそも全録レコーダー自体がニッチな商品なんだけど、この機種は今でも安く売られていて人気商品のようです。



最初のエラー

ある日、D-M430の調子が悪いので電源再投入したらこんなメッセージが表示されました。
「システムエラー 動作を継続できませんでした。自動的に電源を切り、復帰処理を行います。 SE4-2」

20161107-dm430-1

エラーが出るまで、何回かハードディスクにアクセスする音が聞こえたので、これはハードディスク故障かな?と思っていました。
もしハードディスク故障なら、保証も切れているので容量の大きなディスクに換装しようと思いつつ、忙しかったので放置。

B-CASカードのエラー

換装の手順を書いたWebサイトの情報を元に新品のハードディスクとドライバーを用意し、D-M430を念のため再起動。あれ? なんか表示されてるエラーメッセージが違う??
「B-CASカードが正しく挿入されていません。B-CASカードをご確認ください」

20161102-dm430-1

我が家の同じく東芝製TVでB-CASカードが壊れたときのメッセージと一緒です。

検索して見ると同様の案件が多数見つかりました。これ、B-CASカードが悪いのか東芝が悪いのか。DY-STB250がコンデンサ不良でB-CASを壊しまくったことがあるので、これの電源部にも何か問題があるのかもしれない (DY-STB250を修理してみた)。

B-CASカード交換

B-CASカード挿しなおし、端子清掃してもダメなのでサポートに電話。以前も交換したことがあるのでサクッと対応していただきました。
(例によって名前を漢字で聞かれて困りました。毎度のことなので慣れてはいるのだけど。正月早々REGZAが壊れて、フォネティックコード(通話表)の普及を願う

数日かかるかと思ったら翌日B-CASカード到着。消印が那覇になってるので、もしかしたら那覇に発送センターがあるのか?

20161107-dm430-2

届いたB-CASカードを挿し直したら無事に起動しました。あのディスクシーク音とエラーメッセージは何だったのだろう? 機械を分解しようとするとすると症状が変わるのはなぜ?
この手元にあるハードディスクはどうしたらいいのだろうか…… 壊れてないのに換装するのは面倒なんだよなあ。

リンク