Civilization 6 を買って Macで遊ぶ

2016/10/28Civilization, ゲーム

Sid Meier’s Civilization VI を買いました。Steam版なのですが、Steamから買うよりもAmazonから買った方が安かった。ポイントも使えたので割安に感じました。
(とは言え、昨今のスマホ無料ゲームに慣れてしまうと高いと思ったりもする)

デジタルデラックス版は25周年記念デジタルサウンドトラックとDLC4点セットが付属するのですが、しばらくすればStreamでバーゲンセールになると思うので、とりあえず安く買える方を選択。

Civilizationは 1992年にPC-9801版を買ったのが最初だったと思う。あれから四半世紀近く経っているのか……

買ってから遊ぶまで

既に Stream を使っている人は簡単で、Steamを起動してAmazonから買った際に表示されたコードを入力し、ダウンロードするだけです。バイナリを3.9GBもダウンロードするので時間はかかります。
(DVD版もあるのですが、どうせパッチを大量にダウンロードすることになるはずなのでダウンロード版の方が楽だと思う)

Macbookで遊ぶ

最近は Macbookをメインに使っていて、Windows10は もっぱらRDP経由で使っています。ゲームも Macbookで遊びたいので試して見ました。

前作(Civ5)と異なり Macintosh版に日本語も入っています。

20161028-civ6-1

起動画面。Windows版と印象が違う


少し古い MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)、Intel Core i5 2.4 GHz、16 GB Memory で十分遊べます。

20161028-civ6-2

操作性いいけど CPU暑くなって、ファンがうるさいです。

20161028-civ-8

Steamストリーミング

Macbookのsteamにてストリーミングボタンを押し、Windows側でゲームを起動しようとすると、動作しません。物理デバイス(ビデオカード)がWindowsから見えていないのでしょう。

20161028-civ-4

20161028-civ-3

一度、Chrome Remote Desktopでログインすれば ストリーミング起動できます(Civilization5でも知られているノウハウです)。

20161028-civ-5

私の環境ではストリーミングは今ひとつ安定しません。WiFi経由だからかなあ?
音も出ないけど、これは設定をミスっているのかもしれない。

リモートデスクトップ

MacbookのMicrosoft RDPにてWindowsにログインし、そこでCiv6を起動しようとするとストリーミング同様にエラーになります。
(Civ5はRDP経由でも動作したので、この部分は改悪になっています)

20161028-civ-6

しかし、こちらも Chrome RDPで物理画面をアクセスさせると起動できるようになります。
(Chrome RDPログイン → Civ6起動 → MS RDPログイン → Chrome RDP切断)

MS RDP接続は最初は音がブチブチ途切れますが、しばらくすると最適化されてそれなりに聞けるようになります。動きの多い画面は少し滲みます(静止すればちゃんと見えるようになります)。
ストリーミングと異なり安定して動きますし性能も少し良いようです。

20161028-civ-7

Windows側は Intel Core i7-4790 3.6GHz なので、Windows側で動かしたほうが快適に遊べます。Macbookのファンが回らないので静かだし。
(部屋の向こうでWindows機のファンはガンガン回ってるけど……)

Chrome RDP, MS RDP 共にスマホ(Andoroid,iPhone)でも動作しました。タブレット+マウスの構成なら遊べないこともない?

VMware Fusion 8.5

MacOS Nativeで動くので VMware使う意味はないのですが、一応試して見ました。

Fusion 8.5はDirectX11をサポートしていないのでエラーになりました。仕方ないですね。

追記:起動まではできた。

AppOptions.txt内に WARPを有効にするオプションがあり、それを1にするとVMWare上で起動します。MS RDP経由ではこのオプションを有効にしてもダメで、Chrome RDP経由が必要。
ただしWARPのオーバーヘッドのせいなのか何なのか恐ろしく遅いです。CPU 100%に張り付いたまま、恐ろしく長い時間待たされます。
CPUが高速でメモリが山のようにある環境なら実用になるのかもしれませんが、私の環境ではダメでした。

;Set to 1 to allow the use of software renderers such as Microsoft’s WARP
AllowSWRenderer 0

C:\Users\ユーザー名\Documents\My Games\Sid Meier’s Civilization VI\AppOptions.txt

このオプションはDirectX12が使えない古いビデオカードでCiv6を動かす際も有効らしいです。というか、WARPは元々はそのための技術ですね。

Civ6の感想

まだ数時間しか遊んでいなくて要領が掴めていません。蛮族強すぎてCiv5の感覚だと蹂躙されてしまいます。

もう少し遊んでからまた記事を書きます。

追記:2016年11月パッチの記事を書きました (Civilization 6 のパッチが出ました)。

リンク

Civilization, ゲーム

Posted by