秋田上空にドーナツ状の雲が出現

シェアする

2013年2月4日の夕刻、秋田上空にドーナツ状の雲が現れたらしいので調べてみた。
下図は2013年2月4日19時の雨雲レーダー画像。

20130204-radar-bright-band-1

tenki.jp



場所が東京なら物体Oとか首都消失の世界ですな。

ブライトバンド

「雨雲の動き」を知る – 「雨雲の動き」で分かること』によると、「ブライトバンド」というものらしい。このページにある図とそっくりだ。

この円形の赤いエコーは、「ブライトバンド」と呼ばれています。ブライトバンドは、気象レーダーから発射された電波が雨雲の融解層によって反射されることで、実際よりも強いエコーが観測される現象です。融解層とは、雨雲の中で気温が0℃に近く、氷の粒が溶け始める層のことをいいます。

「雨雲の動き」を知る – 「雨雲の動き」で分かること – 日本気象協会 tenki.jp

レーダーがあるの?

ブライトバンドがあるときは、その中心にレーダーがあるはず。
秋田地方気象台|レーダー気象観測」によると、秋田県の気象レーダーは秋田第2合同庁舎にあるようです。どんぴしゃですな。

秋田県秋田市山王7丁目1−4

br clear=”all”>